身体と免疫のお話〜質の良い睡眠で免疫アップ〜

身体と免疫のお話〜質の良い睡眠で免疫アップ〜
2020.05.07 おトク情報 スタッフのつぶやき

こんにちは!BiYouオンラインショップです!

前回は免疫機能の仕組みや働きにつてご紹介させていただきました。
今回は、免疫力を上げるために日常生活に取り入れられることをご紹介いたします♪

質のいい睡眠のために必要なこと

質の良い睡眠は何よりも免疫を高めるのに効果的と言われています。
睡眠時間は8時間十分に取れている!というような方でも 「朝寝覚めが悪い…」「睡眠中途中で起きてしまう…」「日中に疲労感を感じる…」こんなことはありませんか?
このような場合はいくら睡眠時間が確保できていたとしても質の良い睡眠とは言えません。
質の良い睡眠を得るためには規則正しい生活を送ることがまず第一となります。
では、これから睡眠の質を高める方法をご紹介します

入浴は寝る2~3時間前が効果的

入浴は38度のぬるま湯で25~30分

40度のお風呂で半身浴

42度の熱めのお湯で5分程度の入浴

このいずれかを行っていただくことで深い睡眠を得る効果があると言われています。
身体的な疲れの時はぬるま湯、肉体的な疲れには熱めのお湯がいいとも言われています。
その日の体調や好みに合わせて是非取り入れていきましょう♪

IONSPA

IONSPAシャワーヘッドでさらに快適な入浴タイムを♪
水道水を体にやさしい磁化イオン水にしてくれるION SPAでさらに入浴時間を贅沢なものにしませんか?ただいま10%OFF SALE中です!画像クリックで購入ページへ移動します。

朝起きたらまず日光を浴びる!

良い睡眠に大切なのはメラトニンとセロトニンの循環が良い状態であること。
メラトニンは良い睡眠には不可欠な成分で、夜になると徐々に分泌が増え、夜中に最大となります。
そしてメラトニンがたくさん分泌されるためにはメラトニンの材料であるセロトニンが日中にしっかりと分泌される必要があります。

朝日を浴びる

セロトニンは朝日を浴びることで活性化されます。15時間後に分泌が減少し、メラトニンが増加していくため、朝日を浴びることにより体内時計を調整することができます。
朝日を浴びていないと体内時計は毎日少しずつずれていき適切な時間にメラトニン分泌がされなくなってしまい睡眠に影響してしまいます。
起きたらまず日光を浴びる習慣をつけましょう♪

適度な運動

適度な運動

軽いランニングや自宅でのストレッチなど運動はセロトニン神経を活性化する働きもあり、運動習慣をつけることで寝つきがよくなり、深い睡眠が得られるようになります。
1日1万歩のウォーキングが理想的ですが、今あまり外出はできないので、近所を散歩したりすることから始めましょう。

バランスのいい食事

バランスのいい食事も質もいい睡眠には必要です。
特に就寝前に食事をとってしまうと消化活動で睡眠が妨げられてしまいますので控えましょう。
また就寝3時間前までの食事は肥満の原因になります。
タンパク質・カルシウム・ビタミンB12・ビタミンB6・マグネシウムを摂取すると良い質の睡眠を得られやすくなります。

ハーブティー

そしてご存知の方も多いとは思いますが、ハーブティーや生姜湯も気分を落ち着かせてくれるので就寝前に是非取り入れてみてはいかがでしょうか???
BiYouでは生活の木のハーブティーを多数ご用意しておりますので、ぜひお試しください♪

終わりに

さて、今回は免疫アップに効果的な睡眠の質を高める方法をご紹介させていただきました。
日常生活で簡単に取り入れられることばかりなので、ぜひ実践してみてください♪

次回は、物理的にウイルスを体内に取り込まない方法と、免疫アップにおすすめの商品をご紹介させていただきます。
この事態が一刻も早く治ることを願って、次回もご期待ください♪